【M&A】売り手の事前検討課題

 後継者不足または自力での再建が困難になり、事業を外部の第三者に売却することを検討しているオーナー経営者は多くいらっしゃいます。中小企業M&Aでは、生涯はじめて事業売却を経験する経営者が大多数を占めており、道筋が見えず大きな不安を抱えることは仕方ないことです。

 また、中小企業では最低限の経営管理体制も疎かとなっているケースも多く、M&A実務を進めるにあたり、予想以上に多くの時間が費やされたり、残念ながら、買い手候補から保守的に会社の価値を低く見積もられることも頻繁に発生しています。

 M&Aの交渉がはじまってから、ヒアリングや買収監査によって課題が顕在化することになりますが、事前に把握できていれば何かしらの対策も可能です。特にM&Aの成立や買収価格に重要な影響を与えるものは、交渉前に自ら把握し対策を打つことが、M&Aで納得のいく交渉を行う大事なポイントになります。

 業種特性や買い手が期待するシナジー効果等によって様々ではありますが、一般的に実務上よく遭遇する財務・経営管理・税務上の課題を以下に記載します。事業売却に不安を抱えており、より詳しい内容をご相談になりたい方はお気軽にご連絡ください。

Hasegawa CPA Office

​東北/仙台市

Copyright ©  Hasegawa CPA Office All Rights Reserved.