会計税務顧問(クラウド会計導入支援)_サービス案内

​​ ICT技術の発展や新興企業のニーズの変化に伴い、会計税務顧問サービスの在り方も変化の一途をたどっています。従来のインストール型の会計ソフトと違い、クラウド会計は場所やデバイスを選ばないことや、各種口座やウェブアプリケーションとの連携を通じて経理の自動化を広く可能とし、経理業務の効率化や早期化に大きく貢献します。弊所では、クラウド会計導入を通じた経理業務の最適化の他、節税対策や資金調達支援を通じて、企業の成長の基盤構築のお手伝いをいたします。

1.経営者の課題

​​ 多くの中小企業経営者は、以下のような経営課題を抱えています。

① 資金繰り

② 業務の効率化

③ 税金コストの負担

④ 人材難・人材育成

​ クラウド会計を使用した経理の自動化を実現することで、経理業務の効率化やリアルタイムでの会計数値の把握を広く可能にします。会計情報を早期に把握することで、資金繰りの改善節税対策により早い時期に取り組むことができます。決算が締まった後に資金繰りや節税を検討しても遅すぎる場合が多く、残念ながら、対策が後手に回る企業が依然として多いのも事実です。また、会計や税務セクションの一部を弊所が担うことで、会社の財務・税務を強化(経理・財務人材育成含む)することが可能となります。

​2.サービス内容の全体像

​​ 特徴は、クラウド会計freeeを使用することで、経理業務の自動化・早期化を促進し、業務の効率化・最適化を実現する点にあります。使用ソフトは会計freeeに特化しているからこそ、freeeの利便性・操作性を習熟し、最適な適用方法を提案します。

3.会計税務顧問サービスのICTツール活用例

​​ ICTツールを効果的に活用し、効率性と利便性を追求し、コミュニケーションの最適化を行います。

4.料金体系

 プラン内容は、各種ニーズによって以下の通りとなります。また、取引量・規模(売上高基準を採用)に応じて、料金が変動します。特にスタートアップ企業は低価格・効率的なサービス内容にメリットを感じやすいので、スタンダードプランをおすすめします。

※記帳代行は、100仕訳を超えた場合は、追加で1万円/100仕訳毎

※定期訪問プランは訪問場所や回数に応じて別途見積もり

 オプションとして、必要に応じて以下のサービスを各プランに追加することができます。

Hasegawa CPA Office

​東北/仙台市

Copyright ©  Hasegawa CPA Office All Rights Reserved.