検索
  • 智史 長谷川

「今」をどう生きるか

最終更新: 3月15日

突然ですが、「諸行無常」という言葉が好きです。

全てのものは留まることなく移り変わっていく(全てのものに常に同じ状態というものはない)、という意味です。

子供の成長も今日と明日ではまた違ったもので、「今」の成長を大切に見届けたい、

また、出会う人も次本当に再開できるかわからないから「今」この瞬間を大切にしたい、そういう想いにさせてくれます。


今日を精一杯生きるために、「今」という時間は何に影響を受けているか、次のように考えています。


・夢・ビジョン

・偶然


目指すものがあれば、そのために何をしようかと行動を見直すことになり、また、偶然によって行動を変更する。偶然という出来事は、予想もしていなかったチャンスとなったり、思わぬ成長をもたらしてくれる、そういうものと考えています。


夢やビジョンとあわせて、「偶然」も大切にして自分の考えや行動を決めていきたいものです。


人生というのは、何か大きな川のように止まることなく流れており、すでにどこかに導かれているという感覚になることがあります。思い描く夢も、偶然に起こる出来事も、この大きな川の流れに沿ってどこかに向かっているのだと思います。だから、何も心配していません。


大きな川の川底(深いところ)では、宇宙や潜在意識を通してつながっている。

人が見ていないときこそ、しっかり正しく生きたいと思わせてくれます。


閃いたので変な図を添付します笑↓




11回の閲覧

最新記事

すべて表示

中小企業版IR

IRとはカジノのことではありません。Investor Relationsの略で、企業が投資家や株主に対して、財務情報など投資判断に必要な情報開示を行うことです。 特に上場会社で使用されます。IR室という部署があることも少なくないです。 ただ、IR活動は上場企業特有のものではなく、すべての中小企業にもあっていいのではないか、という着想を半年ほど前に得ました。 しかもIR活動の対象を投資家や株主に限定

Hasegawa CPA Office

​東北/仙台市

Copyright ©  Hasegawa CPA Office All Rights Reserved.